GENEPA 株式会社ジェネレーションパス

ディスクロージャー・ポリシー

ディスクロージャー・ポリシーの基本方針

当社グループは、金融商品取引法等の諸法令及び東京証券取引所の定める「適時開示規則」に従い、正確、公平、継続を基本とし、適時情報開示に努めます。また諸法令や適時開示規則に該当しない場合でも、株主や投資家の皆様に当社グループをご理解いただくため、重要及び有益であると判断した情報に関しましては、積極的かつ公平に開示をして参ります。

情報開示の方法

当社グループは、金融商品取引法における東京証券取引所の定める適時開示規則に従い、適時開示情報伝達システム(TD.net)を通じ、正確かつ公平な情報開示に努めます。また、同システムにて開示した情報に関しましては、当ウェブサイト上でも掲載し、積極的に開示致します。

将来の見通しについて

当社グループが開示する情報のなかには、業績の予想・見通し等の記載が含まれる場合がございます。それらの情報は、入手可能な情報に基づき判断したものとなるため、将来の業績の予想・見通しに関する事項には不確定要素等が内在しており、実際の結果とは異なる可能性がありますことをご留意下さい。

沈黙期間について

当社グループは、決算発表資料の準備期間中に、株価に影響を与え得る情報が漏洩してしまうことを予防するため、各四半期の決算期日の翌日から決算発表日までを「沈黙期間」と定め、IR活動を自粛させていただきます。該当期間中は、決算情報や業績情報等に関するご質問への回答及びコメントすることを控えさせていただきます。なお、該当期間中、既に発表させていただいた業績予想から大きく乖離する見込みが出た際には、適宜かつ適切な情報開示を行います。